ASAP #16 (English)
ASAP #16 (日本語)

-- World of Tanks (ASIA)


video_new


    まずはこいつを見てくれ。
    こいつを、どう思う?

…冗談はさておき、動画ではこんな内容の話をしている。


Q1. 2014年、WoTはどう変わるの?

A1. グラフィックに大きな変化があるよ。

    ポリゴン数を増やして、解像度も上げるよ。
    他にも、サスペンションシステムにも改良を加える予定だね。各サスペンションが独立して動くようになるよ。
    WS_20140101-151448_010852
    WS_20140101-151638_010853 WS_20140101-151736_010854

Q2. Havocエンジンの導入で、どうなるの?

A2. ゲーム内の物理処理が変わるよ。

    ゲーム内の物理処理のほとんどを作り直したんだ。
    Havocは物理処理エンジンで1年半前にライセンスを購入したんだけど、クライアントベースの処理エンジンだった事もあって、破壊された建物などのデータをサーバ側と同期させるように大きな変更が必要だったんだ。
    導入されると、砲塔が吹き飛ぶようになったり、吹き飛んだ砲塔を移動させたり出来るようになるよ。
    WS_20140101-152229_010855 WS_20140101-152952_010856 WS_20140101-172350_010862

Q3. ゲームモードについて、何か新しく開発している事はある?

A4. クランウォーズ(以下、CW)の改良とヒストリカル・バトルの導入を計画しているよ。

    2013年はチーム・バトル・モードやバトルミッションを追加したね。(略)2014年は、クランウォーズの改良とヒストリカル・バトルの導入を目指しているよ。
    ヒストリカル・バトルの導入に際しては、内部でテストを繰り返しているけれど、バランスの調整に苦労している。
    他にも、勝利条件の策定や、チーム構成の問題(T-34×15両vsTiger×15両ではなく、T-34×15or20両vsTiger×3~5両にするのか)もある。
    我々は同数ではない戦闘を採用したが、それがどういう結果をもたらすかについて、非常に興味がある。
    このモードは、史実に基づいた装備で行われるだろう。たとえば、T-34の主砲は57mmではなく76mmだったり。 積載弾数も史実に近い物になるだろう。
    しかし我々は、プレイヤーが敵との戦闘よりも自車両との格闘に時間を費やすようにするつもりは無い。
    WS_20140101-154937_010857

Q4. CWには、何か追加されるの?

A4. 高収入な領地(地域)の追加など。

    CWは通常のゲームモードがリリースされた後に追加された。1,200の領地を用意したが、CWで戦いたいというプレイヤーに対しては、まだ十分とは言えない。
    それで我々は、グローバルマップでの戦いは活発なクランの戦場であり続けると考え、決断したんだ。
    大人数を擁するアクティブなクランは、より高収入な要塞地を獲得し、さらにお互いの要塞エリアを攻撃できるように、とね。
    WS_20140101-155841_010858

Q5. ガレージの戦いについて、なにか進展はありますか?

A5. いくつかの問題を抱えている。

    我々は1ゲームが短時間で完結する事を目指していたため、それがガレージの戦いの導入に際して問題となる。 複数の車両の使用を可能とするガレージの戦いは、試合時間を延ばす必要がある。
    加えて「リスポーン・システム」には、いくつかの問題がある。
    所属するチームが負けている場合、その戦場に再参加したいと思わない場合がある。故に、我々は通常のゲームにリスポーン・システムを導入しようとは考えていない。
    ただ、高レベルなプレイのオプションとして、Tier10を対象としての導入を検討するかも知れない。

    話は戻るが、ヒストリカル・バトルではリスポーンが採用される可能性がある。
    ヒストリカル・バトルでは、偵察車両のようにトップの車両よりも大きく劣る性能の車両がマッチされた場合、生き返らされるだろう。リスポーン・システムにより、数回のスポットと撃破とを繰り返す事になる。
    この件について熟慮した上で、この復活オプションを採用するかもね。
    WS_20140101-162325_010859

Q6. 2014年は、どんな開発ルートが追加されるの?

A6. 本当の事を言えば、日本車輌のTier10重戦車について話したい。

    WS_20140101-171700_010861
    日本の戦車には、Tier3の辺りにふさわしい、非常に信頼性の高い車両がある。
    また、Tier10におあつらえ向きな車両に関する文書もある。
    しかし、Tier4~6を埋めるにふさわしい日本の重戦車が見つからなくて、重戦車だけの完全な日本重戦車ルートを作れずにいるんだ。
    この件は、現在進行中のゲーム内モデルの改質などに割かれているリソースに余裕が出来てから再考する予定だ。
    そのため、2014年の新規開発ルートは、しばらくは追加されないと考えている。
    しかし、これは開発している物が何も無いという事ではない。
    ゲーム内モデルの改善に際して、車体やサスペンションの変更について説明しよう。
    WS_20140101-164241_010860


(以下、グラフィックの改善についての解説。8.11でそのいくつかが導入され、9.0でもいくつかが導入されるとの事。また、40%ほどのプレイヤーがWGの想定している最低限のPC環境を満たしていないとも。)


※当ページの誤訳等に起因して何らかの不利益を被ったとしても、当方は一切の責任を負いかねます。悪しからず。