MT-25(2019)のヘッドライトはハロゲンバルブ。
電力に余裕が欲しかったため、レイブリックのRK21への換装でLED化していた。

ファンレスなんだけど、ヒートシンクが薄くて、バルブ裏の金具に干渉しない。
IMG_3571
文字通りの「ポン付け」ができていた。


既にLED化していたのに、なにゆえにLEDバルブへの再換装をしたか?

理由
  1. ハイビーム時に手前が暗かった。
    ※RK21バルブは、ハイビーム側LEDの3個とロービーム側LEDの3個とが排他点灯になっている。
  2. 演色が白すぎて、雨天時などに路面が見えづらかった。
    ※6300Kだと、かなり白い光になっていた。
と言うわけで、LEDバルブを換装。

今度は、スフィアのライジングⅡ(4500K)にした。


手順
  1. 黄丸のボルト2本(対辺4mmの六角穴付)を抜いて、メーターカバーを外す。
    IMG_0098 - コピー


  2. ヘッドライトカバー(ゴムっぽいカバー)を剥がす。
    IMG_0099


  3. 黄丸のボルト3本(対辺8mmの六角)を抜いて、メーターを外す。
    IMG_0100 - コピー


  4. ソケットカバー(ゴムっぽいシート)を剥がす。
    IMG_0101

    ここまでで外した部品(ボルトを除く)。
    IMG_0103


  5. 黄丸のボルト2本(対辺10mmの六角)を抜く。
    IMG_0102 - コピー


  6. ヘッドライトのユニットが外せるようになる。
    IMG_0104


  7. 下側の嵌合部(黄丸)を外してヘッドライトのユニットをフリーにする。
    (ケーブル類は繋がったまま)
    IMG_0105 - コピー


  8. 黄丸のビス2本(No.2のプラス)を抜いて、金具(ステー2)を浮かせる。
    IMG_0106 - コピー


  9. LEDバルブの取扱説明書に従ってLEDバルブを装着する。
    ※写真なし

  10. LEDバルブのヒートシンクと金具(ステー2)が接触するため、ステー側の接触箇所にハーネステープを巻いてクッションにする。
    IMG_0107


  11. 車体側と接続するコネクタ部は、自己融着テープで防水した上でハーネステープを巻いて保護。
    IMG_0109


  12. LEDバルブのコントローラは、左スイッチのケーブルにタイラップ留め。
    IMG_0110


  13. コネクタ部は、左舷側ウインカー裏あたりのスキマに押し込んだ。
    IMG_0111


  14. 動作確認して、換装作業は完了。
    ※写真なし

ハイビーム時にもロービーム側のLEDが点いたままになり、手前側が明るくなった。
ロービーム時も、広い範囲が明るくなった気がする。
近日中に写真を撮って、当記事に追加するかも?